青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
青葉区.jp > 医院・病院 > とくうえ内科クリニック

とくうえ内科クリニック

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
青葉区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
都筑区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
徳植 秀樹 院長
インタビュー
徳植 秀樹 院長 トクウエ ヒデキ
HIDEKI TOKUUE
とくうえ内科クリニック
生年月日:1964年12月10日
出身地:神奈川県
血液型:AB型
趣味・特技:読書
好きな本・愛読書:浅田次郎
好きな映画:ヒューマンドラマ
好きな言葉・座右の銘:名医より良医でありたい
好きな音楽:ヒップホップ
好きな場所・観光地:海/北海道
■この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。
私には5歳上の兄がいるのですが、その兄も医学部への進学を早々に決めていましたし、両親が開業医をしておりましたから、自然とその道を選ぶものだと考えていたかもしれません。
私も高校1年生のときに、両親に「医学部に行こうと思ってる」と伝えたのですが、それに対しての反応は意外にも「お前も医学部に行くのか?」でした(苦笑)。考えてみれば両親から「医者になれ」などと言われたことはありませんでしたし、その反応が「もっともだ」と思う半面、ちょっと拍子抜けしたというのが正直なところです(笑)。

父が内科の開業医をしていたことが消化器内科を選択するひとつの理由だったと思います。それに加え、お世話になっていた先輩に熱心に誘いを受けたことも大きなキッカケとなりました。杏林大学を卒業し大学病院での十数年の勤務を経た後、所沢中央病院、三鷹病院での勤務を経て現在に至ります。
大学病院には研究と教育と臨床という3つの柱があります。どれも手を抜けない大事な要素となりますが、私はその中でも臨床に深く関わっていたいという気持ちが強く、それが自分のクリニックを開く強い動機となりました。
『とくうえ内科クリニック』は平成19年(2007年)に開院致しました。全ての患者さんを最初から最後まで見続ける家庭医として皆様に信頼されるクリニックを目指し努力をしてまいります。

徳植 秀樹 院長 徳植 秀樹 院長

■経鼻内視鏡検査についてお聞かせください。
これまで臨床と研究に携わってきた肝臓病学・消化器病学の知識と経験を活かし、生活習慣病や慢性疾患の管理・指導、疾病の予防や早期発見といった地域に根ざした医療を提供し続けてまいりたいと思っております。
とりわけそのうちの疾病の予防にも大きく関係してくる内視鏡検査に当クリニックは力を入れております。
「胃カメラは苦しい、辛い」というイメージをお持ちの患者さんを多く見かけます。当院では従来の口からおこなう胃カメラではなく、鼻からおこなう経鼻内視鏡検査を導入し、「苦痛の少ない」胃カメラを心掛けております。「えっ、鼻から?痛くないの?」と逆に心配されるかもしれませんが、キチンと前処置(鼻腔内の局所麻酔)をおこなえば心配ありません。
胃カメラとセットで語られることの多い咽頭反射は、舌の奥にある舌根に“触れる”ことによって起こる現象です。経鼻内視鏡を用いた場合、この舌根に触れずに検査をおこなうことが出来るため、咽頭反射は起こりにくくなります。また、鎮痛剤を使用する必要がありませんので、モニターを一緒にご覧いただいてお話をしながら検査を受けることが可能です。検査後の安静が必要がないことも特徴のひとつですね。心配な事がありましたら何なりとご相談下さい。

■逆流性食道炎についてお聞かせください。
徳植 秀樹 院長胸やけ、ゲップ、食べたものがつかえるといった症状は逆流性食道炎、もしくは非びらん性胃食道逆流症の可能性が高いと考えられます。
逆流性食道炎とは食道下端部の粘膜の炎症によって起こるもので、非びらん性胃食道逆流症は粘膜に炎症等の異常は認められないが自覚症状が持続する状態を称します。
お酒や煙草はもちろん、肥満や便秘により胃の内圧が高くなることで胃酸の逆流を生みやすくなりますので、日常から気をつけていただく必要があります。
「このくらいの痛みなら・・・」と我慢される方が多いのですが、この疾患にはてきめんに効果のあるお薬がありますので、無理をせず気軽にご相談いただければと思います。

■インターフェロン治療についてお聞かせください。
私は大学時代、肝臓病学を主な研究対象としておりました。肝臓の病気はメタボリック症候群につながる脂肪肝やC型肝炎やB型肝炎に代表されるウイルス性肝炎等があります。ウイルス性肝炎は20年ほど前までは非常に完治の難しい病気でしたが、インターフェロン治療の登場によりこの疾患を取り巻く状況も大きく変わってきました。
出始めたころのインターフェロンは非常に副作用が強く、扱えるのは入院治療の可能な大きな病院に限られていました。しかし、近年になって薬の質の向上が顕著となり、副作用も大幅に軽減され、また治療効果も高まり、開業医の元でも治療が可能となってきています。
肝臓の疾患については直接大きな病院に向かわれる方が多いというのが現状ですが、患者さんの利便性を含めて私どももインターフェロン等の肝臓疾患の治療に力を入れていきたいと考えております。

■最後に地域の皆様へメッセージをお願い致します。
同じクリニックモールで診療されている各科の先生方とは定期的に会合を持ち、意見を交換し合っています。また、健康講座という形で同じテーマについて各科の立場からお話をさせていただくという試みもおこなっております。同じ方向性のもと、専門領域を有効に活かしながら地域の方々により良い医療を提供していければと考えております。

些細なことでも構いませんので何でもお気軽にご相談ください。内科の開業医の務めとして、患者さんから症状を伺った時に「それは脳外科に診てもらったほうがいいですよ」「その症状は泌尿器科に」といったように病気を正確に区別し、専門へとご紹介をすることも重要な役割のひとつと考えています。
あらゆる痛みや悩みを最初に受け止める医療の入り口として当院をご利用いただければ幸いに思います。どうぞお気軽に足をお運びください。

※上記記事は2011.11に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
お見舞いグッズ - ナオルヤ 第一眼科 横浜ドクターズ 松井クリニック おとめクリニック 横浜市、川崎市でハウスクリーニングとエアコンクリーニングの専門業者といえばラッキークリーンサービス
横浜きりがおかマタニティクリニック 小川メディカルクリニック チャイルドランド・グループ 医療法人社団 高和会 内田内科 さねよし耳鼻咽喉科 Hair & Resort グランジ 北山田店
葛が谷つばさクリニック かみくら歯科 港北肛門クリニック レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ 第一眼科 医療法人社団 高和会 内田内科