青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
青葉区.jp - 地域情報ポータルサイト
地域情報 - 食べる、楽しむ、暮す、学ぶ 医療情報 - 医院・病院、歯科医院、接骨院・治療院、動物病院 美容情報 - 美容室・理容室、エステ、ボディケア、スパ・ダイエット
青葉区.jp > 医院・病院 > 池田医院

池田医院

AMBカテゴリ
地域情報 地域情報
食べる 食べる
楽しむ 楽しむ
暮らす 暮す
学ぶ 学ぶ
医療情報 医療情報
医院・病院 医院・病院
歯科医院 歯科医院
接骨院・治療院 接骨院・治療院
動物病院 動物病院
美容情報 美容情報
美容室・理容室 美容室・理容室
エステ・ネイル エステ・ネイル
ボディケア ボディケア
スパ・ダイエット スパ・ダイエット
カテゴリ
インタビュー インタビュー
求人情報 求人情報
クーポン情報 クーポン情報
イベント&ニュース イベント&ニュース
近所の映画情報 近所の映画情報
おススメ情報 おススメ情報
ウェブチラシ ウェブチラシ
掲示板 掲示板
簡単レシピ 簡単レシピ
医療の豆知識 医療の豆知識
美容の豆知識 美容の豆知識
お役立ち便利帳 フェイスブック
モバイル
QRコード
青葉区.jp
モバイル!
サーチ

Google Yahoo!
リンクス
facebook
YouTube
都筑区.jp
宮前区.jp
高津区.jp
江戸川区時間 江東区時間
墨田区時間 葛飾区時間
東京スカイツリー投稿クラブ - ソラノキ
RSS RSS配信について
池田 威 院長
インタビュー
池田 威 院長 イケダ ツヨシ
TSUYOSHI IKEDA
池田医院
出身地:北海道
趣味・特技:サッカー、ダイビング、スキー
好きな本・愛読書:司馬遼太郎、篠田節子
好きな映画:インターステラー
好きな言葉・座右の銘:不断前進
好きなアーティスト:J-POP全般、MIKA
■この道に至るきっかけと、これまでの経緯をお聞かせください。
私の家は、おじいさんの代からずっとお医者さんの家系なんです。おじいさんは樺太でずっと開業医をしてまして、そのあとを受け、父も北海道で開業をして、私はその時に生まれた子供なのです。父は北海道から埼玉に移り住み、そこで開業医をしていたのですけども、すでに亡くなり、今は私の姉がその跡を継いでいます。4人兄妹なんですけども、皆が医療系に進みました。それが自然な流れだったので、私自身、抵抗なくこの道を進むに至ったという風に思っています。

大学病院に籍を置いた私は、放射線診断の専門家としての道を歩み、主に肝臓がんの治療に携わりました。インターベンショナル・ラジオロジー(IVR)といい、カテーテルを用いる治療方法です。その流れを汲む形で、呼吸器内科の分野においても研鑽を積みました。
今から23年ほど前のことになりますか、勤務医としてこの地に至り、開業の場所を得ました。1995年に『池田医院』を開院し、以来、20年に渡り診療を続けてきたということになります。

池田 威 院長 池田 威 院長

■『池田医院』の昔と今について。併せて、開業時から変わらぬ診療方針を教えてください。
昔に比べ、ぜんそくの発作を起こす方が増えている気がしています。「今までいわれたことはなかったのに…」という方も少なからずいらっしゃいますね。それから、増えているということであればやはり、メタボリックシンドロームに関連する疾患ということになるでしょうか。糖尿病やコレステロールが関係する方は年を追うごとに増えてきています。30代で心筋梗塞を起こしたという方もおられましたし、その意味では、成人病の若年化ということが言えるかもしれません。20年前を振り返ってみますと、当時は診療所も限られていましたから、それこそ何でも診ていたものです。今でこそ少なくなりましたけども、“切った・縫った”というのも当時は珍しくありませんでした。ただ逆に言えば、それこそが開業医に求められる姿勢なのかもしれません。
時代の風潮なのでしょうか、つい最近まで、専門性が問われるあまり、「専門以外は診れません」という先生が珍しくありませんでした。厳しい言い方になりますが、開業医がそれでは困りますよね。
私は放射線診断をしていたものですから、幸いにして様々な疾患を診れる立場にありました。外科の分野から内科、小児科に至るまで、画像診断という形で関わっていたわけです。その経験があったからこそ、より専門性の高い治療が必要か否かという見極めについて、一日の長があったと言えるでしょうね。私は、開業医は専門性を打ち出すよりも、広く、そして出来る限り深く病気を知る必要があると考えています。このごろになり、総合診療科の必要性が問われるようになってきました。その傾向自体は、非常に良いことでしょう。実は私の子ども達、3人いるのですが、皆が医師の道を志しています。希望としては、広く深い知識を身に付けた新しい世代の医療人となり、この医院を継いでいってほしいと思っています。まあこればっかりは、本人の気持ち次第というところなのですが(苦笑)

■診療の際に心掛けていることをお話しください。
池田 威 院長話を聞くこと、ですね。患者さんの話を聞かないことには診察は始まりません。何が悪くて、何をしてもらいたくていらしたのか。その訴えを「しっかりと聞く」ということが最も大事なことと考えています。
それに加え、せっかくいらしたのに、その方の抱える悩みや疑問を解決することなくお帰しすることは避けたいというものがあります。不定愁訴で、「なんとなくだるい…」というものがあります。「年齢のせいかもしれませんね…」とお帰しすることは出来るのでしょうけども、それをやってしまうと病気を見逃すことにつながってしまうと思うのです。
大学病院に在籍していた時のことですが、「ここで診断がつかなければ、患者さんはもう頼るところはなくなる」ということを、当時の教授によく聞かされていました。出来る限り診断をつけるように努める。それがもし難しいならば、しかるべき病院で診察を受けれるよう道をつけてあげる。そのことは肝に銘じて、診療を続けていきたいと考えています。

■各種の検査体制も充実されているようですね?
血液検査に尿検査、レントゲンに呼吸器のスパイロメーター。それからエコー検査にホルター心電図、内視鏡と、おおよその検査の体制を整えています。このうち内視鏡検査については、時間を決めて、1日に1件から3件の検査をとりおこなっています。
50歳という年齢を区切りに、胃や大腸の検査を1年に1回くらいの頻度ではじめられたほうが宜しいかと思います。病気の頻度を考えますと、その年齢よりお若い方が躊躇されるのは仕方のないことかもしれません。しかし、50を越えますと色々な病気が出始めますから、考えていただいたほうが良いと思います。1つの区切りとして、成人病健診やがん検診を始められることをお勧めします。

■最後に地域の皆様へメッセージをお願いします。
何でも相談出来る、かかりつけ医という存在をお持ちになってください。大きな病院に赴く前にアドバイスを求められる存在を持つことは、非常に有益なことだと思うのです。何も循環器や呼吸器の専門家である必要はありません。専門性よりも、広く深く診れるほうが適当でしょう。あなた自身の健康を見守る存在として、かかりつけ医をお持ちになっていただきたいですね。

※上記記事は2015.4に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。


インタビュー一覧 インタビュー一覧はこちら
チャイルドランド・グループ おとめクリニック 第一眼科 お見舞いグッズ - ナオルヤ 横浜きりがおかマタニティクリニック 小川メディカルクリニック
横浜市、川崎市でハウスクリーニングとエアコンクリーニングの専門業者といえばラッキークリーンサービス 医療法人社団 高和会 内田内科 かみくら歯科 レディスクリニック フォレスタ ヴェルデ さねよし耳鼻咽喉科 港北肛門クリニック
松井クリニック Hair & Resort グランジ 北山田店 葛が谷つばさクリニック 横浜ドクターズ Hair & Resort グランジ 北山田店 葛が谷つばさクリニック